BLOG
2019.6.27

趾(あしゆび)のケアしてますか?




『あしへん』に『止』で

ゆび・あしゆび

と読みます

見ての通り足のゆびのことをさします

これからお話するのは足のゆびや足の爪のお話です・・・



手の指のトラブルよりも足の趾の方がとてもトラブルが多いのです

全体重を支えているのが足です

また、足の爪があるから人は立って入られます

歩けたり走れたり踏み込めたりできるのです

足の爪がトラブルで歩き辛かったり引きずって歩いたりしたことありませんか?


では、なぜトラブルが多いのか・・・




✅足に合っていない靴を履いている
✅間違った爪の切り方をしている(深爪)
✅足の筋力の衰え




などが考えられます


そこから派生するのが巻き爪


サロンでは割とよく見る爪のトラブルです

巻き爪には痛みを伴うものと痛みがないものとあります

写真のお客様は外反母趾で少し爪も巻いています

外反母趾⇨足の親指の付け根の骨が変形して外側に突き出し親指がくの字に曲がって人差し指の方に向いてしまっている状態



なかなか自分での爪の切り方も正しくできず爪の両サイドがたまに痛むとのことでした


左:before
右:after


左右のbefore/afterを見ていただくとその違いがわかるのではないでしょうか

爪の角が少し刺さり白くなって皮膚を圧迫しています

下の段のbefore写真は皮膚が盛り上がってしまい爪の伸びが遅くなっている感じ

うまく真っ直ぐに伸びないせいで皮膚の方へ巻き込んで伸びて行っているようです


また、巻き爪は巻いてくる爪のところに角質がたまりやすくなります

たまった角質は皮膚を圧迫しさらに痛みの原因にもなりやすいのです


enではフットのケアにより巻き爪の症状を緩和することができるかもしれません

定期的に通い趾の状態を見せて頂くことが条件ではありますが

悩んでいるお客様がいたらぜひご相談下さい


ジェルやマニキュアを塗る事だけがネイルサロンの仕事ではありません

指(趾)や爪のケアがまず第一優先なんです

見えない箇所だからこそのケア

これから見える季節だからこそのケア

足元を見せるのは皆さま恥ずかしいとおっしゃるのですが、全然大丈夫!!

慣れてますから!!!!!

足元を投げ出してゆっくりしながら私に任せてもらえませんか?

一緒に足のケアしていきませんか?