BLOG
2019.8.6

健康で美しい爪ってどんな爪?

暑くなりますます夏感を感じる日々・・・

enでもフットメニューのお客様が増え大変嬉しく思います

でもフットのジェルは足元が見えるから、サンダルや素足でいる時間が長くなるから、などの理由でされるお客様が増えるのが一般的

しかし足ってずっと自分にくっついているもの、体の一部ですよね。

暖かくなってくる頃から秋口くらいの4〜5ヶ月の間だけのメンテナンスで果たして良いのでしょうか??




ケアはジェルを塗布する前の準備としてもとても大切な施術です

正しい爪の切り方で巻き爪やウオノメ・タコの軽減にもつながると思います




それができて、しっかりキューティクル周りのケアまでできてキレイにジェルが塗れるのです



↓ 間違ったカットの仕方してませんか?



爪のカットだけで見栄えも断然キレイになります



歩き方や靴の圧迫によりタコができ足元痛くないですか?

タコやウオノメの軽減はenオススメのプロスパコースでお手入れを☆



小指の爪が埋めれてる!!ない!!!

っていう方・・・

爪はちゃんとケアをしてあげればしっかりと顔を出してくれます



では、健康で美しい爪ってどんな爪なのでしょうか?

これは私の思う考えですので参考程度に受け止めて頂ければと思います



⌘ 爪が立体的で適度な厚みがある爪

 自然なアーチがある爪は決して反ってはいないですよね?爪は本来巻こうとする構造です
 そしてこれはある程度の厚みがなけれが巻くことができません

⌘ 二枚爪・縦筋・横筋がない

 乾燥や加齢、代謝の低下など理由はあります
 爪が薄くなっても縦筋が出て来やすいかと思います
 また爪がつくられ生えてくる爪母(そうぼ)の部分に衝撃が加わると横筋ができる可能性も

⌘ ささくれがない
 
 これは乾燥が原因・・・
 オイルやクリームでバリアし保湿してあげましょう

⌘ 爪表面に自然なツヤがありピンク色

 ツヤは爪表面に油分と水分がちゃんとあるということ
 ピンク色は血行が良いかどうか

⌘ キューティクル周りが手入れされているか

 これはやはりプロの仕事
 甘皮の処理を正しくしていることで爪の伸びも良くなり見栄えも美しくなります





生まれ持ったものや自分でどうにかできることもあるかとは思いますが最後の項目は正しい知識と技術で更に美しくすることが可能です

期間限定ではなく年間を通してケアをし足元美人に、見えない所のおしゃれをしてみてはいかがでしょうか?

不意に足元が見えた時に足先がキレイだったらすごく素敵に見えませんか?